整体院ネット

人間関係のストレスでお悩みのあなたへ。 ストレスが溜まる原因とチェックしておきたい解消法まとめ

[記事公開日]2017年12月21日  [最終更新日]2017年12月21日

[カテゴリ]コミュニケーション / メンタルヘルス

こんにちは!
整体院ネットの永岡さくらです。

突然ですが、あなたは人間関係でこのようにストレスを感じたことはありませんか?

「いつもイヤみばかり言われてイライラする・・・」
「同じ空間にいるだけで胃がキリキリする・・・」

厚生労働省が平成24年に実施した「労働者健康状況調査」によると、強い不安、悩み、ストレスを感じる事柄として「職場の人間関係の問題」が41.3%と最も多い結果となりました。

調査結果が示すように、職場での人間関係に悩み、ストレスを抱えている人は多いようです。
あなたも簡単に退職するわけにもいかず「もう我慢の限界!」とお感じではないでしょうか?

人間関係のストレス解消法まとめ

そこで今回は、明日からふわっと楽な気持ちで過ごすために人間関係のストレスから解き放たれるコツをお伝えします。

それでは早速いってみましょう!

永岡さくらの整体院ネット

人間関係でストレスを感じやすい人の特徴をチェック!

人間関係でストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い

人間関係でストレスを感じやすい人と、感じにくい人の違いはどこにあるのでしょうか?

ストレスを感じにくい人は、単に我慢強いだけなのでしょうか?
もし仮にそうだとすると、ストレスを感じやすい人は忍耐力が無いだけなんでしょうか?

そうではありません。

実は、ストレスを感じやすい人は、思い込みが強い傾向にあるんです!
また、ストレスを感じにくい人は、単に我慢強いわけではありません。
ストレスを感じにくい人は、柔軟でバランスの良い思考ができる人が多いのです。

なぜなら、ストレスの原因になっているのは、起こった「出来事」ではなく、あなたの「思考(=思い込み)」だからなんです。

何か出来事を経験したとき、私たちは「出来事→思考→感情→行動」という流れで状況を処理しているんです。
つまり、出来事をどう考えたかという「思考」によって、その後の「感情」や「行動」が変わってくるわけです。

「思考」は経験した出来事に対して自然発生的に生じるもので、いわば無意識に出てくる思い込みに近い性質のものといえます。

例えば、あなたはこんな経験をしたことはありませんか?

出来事

上司に怒られる

上司に怒られた。

思考
きっと私のことが嫌いだから、あんなに怒るんだ……
感情
イライラする。
行動

上司を避けるようになる

上司を避けるようになる。

どうですか?
こうやって分解してみると「思考」があなたの感情や行動に大きな影響を及ぼしていることがよくわかると思います。

この例では、上司は私のことが嫌いだから激しく怒ってるんだと考えていますが、この思考がまさに勝手な思い込みなんですね。
上司の考えていることは、その上司にしかわからないことで、嫌われているかどうかなんて本当のところは他人には判断ができないはずです。

ですが勝手な思い込みがあるせいで、嫌われているという思考のフィルターを通してしまい、マイナスな感情と行動になってしまうんです。

こうしてマイナスな感情と行動に支配されてしまうと、人間関係でのストレスをどんどんと溜め込んでいってしまいますよね。

上司に怒られたシチュエーションを例に、さらに考えてみましょう。
「人間関係でストレスを感じやすいAさん」「人間関係でストレスをあまり感じないBさん」の思考を比較してみますね。


●Aさん:人間関係があまりうまくいかずにストレスを溜めがちな性格

出来事

上司に怒られる

上司に怒られた。

思考
  • 私のことが嫌いなんだ……
  • みんなの前で怒鳴られて恥をかかせられた……
  • 嫌なことがあったから、その腹いせに私に八つ当たりしてるんだろう……
感情
  • イライラする
  • 悲しい
  • 怒り
行動

上司を避けるようになる

  • 上司との会話を避けるようになる。
  • 仕事に集中できなくなる。
  • 敵対的な態度をとってしまう。

●Bさん:人間関係でストレスをあまり感じない性格

出来事

上司に怒られる

上司に怒られた。

思考
  • 危なかった……気付かずに放置していたら、もっと大変な問題になってたかも
  • 怒られちゃったけど、大事に至る前でよかった
  • 失敗しても大丈夫なように、いつも真剣に私の仕事を見守ってくれてるんだな
感情
  • 安心
  • 助かった
  • 感謝
行動

安心して仕事に取り掛かれる

  • 落ち着いて次の仕事に取り掛かれる
  • 何が原因でミスが起こったかを冷静に分析して、ミスを繰り返さない対策をした
  • 次は上司にほめられるような仕事を目指す

こうして比較してみるとご理解いただけるかと思いますが、出来事があなたの感情や行動を決めているのではないんです。

思考があなたの感情や行動を決めていたのです。

目の前で起こった出来事がストレスを生み出していると私たちは錯覚しがちですが、実は自らの思考がストレスの原因になっていたんですね。

思考はあなたの意識とは関係なく、無意識に浮かんでくるものです。
無意識に浮かんでくる思考は、人それぞれの考え方のクセのようなものです。

目の前の出来事に対して、ただ「ポンッ」と浮かんでくる、少し強引な言い方をすれば、何の根拠もない偏った思い込みです。
思い込みに支配された思考には何の根拠もなく、出来事を正しく評価できてはいません。

まずは、ストレスの原因が「出来事」ではなく、自分の「思考(=思い込み)」にあることを理解しましょう。

実は、このような考えをストレスマネジメントの一環として取り入れている自治体もあるんですよ。

岩手県教育委員会が運営する「いわて子どものこころサポート」では、ストレスマネジメントの心理教育を行っていて、その中で「思考」を修正するプログラムを取り入れているんです。

これは、出来事、思考、感情、行動の関係性を理解させ、ストレスの原因が「出来事」そのものではなく、自分の「思考」にあることに気付かせるプログラムなんです。

このプログラムでは、出来事にともなって浮かんだ思考に注目し「その思考に根拠があるのか」、「それが真実なのか」を問いかけ、冷静に思考を見つめなおします。

こうすることで、思考と現実とのゆがみに気付かせて、思い込みというフィルターをはずし、柔軟な思考を手に入れるプログラムなんです。

参考:いわて子どものこころのサポート

人間関係のストレスを解消する方法6つ

人間関係のストレスを解消する方法6つ

冒頭では、人間関係でストレスを感じやすい人の特徴や原因をご説明しました。

ここではストレスを解消して、うまく対処する方法をご紹介します。
「ストレスを感じる前」にできることと「ストレスを感じているとき」にできることに分けて、以下の6つの方法をご紹介しますね。


  1. 「偏った思考」を「バランスの良い思考」に修正する
  2. マインドフルネス
  3. 今のストレスや悩みがずっと続くものではないことを理解する
  4. お気に入りの香りを嗅ぐ
  5. ガムを噛む
  6. その場を離れる(席を立つ、トイレに行くなど)

それでは詳しく見ていきましょう!

「ストレスを感じる前」にできること

【人間関係のストレスを解消する方法6つ】
1.「偏った思考」を「バランスの良い思考」に修正する

先ほどストレスは思考によって生み出されることをご説明しました。
また、思考は考え方のクセによって無意識的に湧き出てくる、思い込みのようなものであることもご理解いただけたかと思います。

つまり、無意識に浮かんだ思考にとらわれなければ、ストレスを感じにくい体質に近づくことができるんです。
大切なのは、一方的で偏った思考で目の前の出来事の良し悪しを判断しないことです。

無意識的にある思考が浮かんだら、別の思考ができないか意識的に探ってみましょう。
そもそも自分の思い込みでは、出来事を正しく判断できていないことを思い出してくださいね。

無意識に浮かんだ思考とは逆の、または別の思考ができないかを常に意識しましょう。
無意識の思考に支配されるのではなく、意識的に別の思考をリストアップしていくわけです。

こうすることで、思い込みに支配された思考から徐々に抜け出し、柔軟でバランスの良い思考ができるようになってくるんです。

試しに意識的に思考をリストアップする練習をしてみましょう。

例えば、あなたがいつものように話しかけたのに、友だちがそっけないそぶりで「そうなんだ」と一言だけしか返してくれなかったとします。
そんなとき、いつものあなたならどんな反応をするでしょうか?

思い込みが強く、反射的にネガティブな考えになる傾向が強い場合は、以下のように反応してしまうかもしれませんね。

出来事

話しかけたのにそっけない対応をされた

話しかけたのに、そっけない対応をされた。

思考
  • なにか気に障るようなこと言っちゃったのかな……
  • きっと私のことが嫌いなんだ……
感情
  • 不安
  • 恐怖
行動

不安な気持ちに支配されてしまう

  • 自分の何がいけなかったのか、どの言動が相手を怒らせてしまったのかを一日中考えてしまい、他のことが手に付かない。
  • 不安な気持ちに支配されて、ご飯を食べているときも、お風呂に入っているときもリラックスできない。

これだと「そっけない対応をされた」という出来事だけでネガティブな思考(=思い込み)に支配されて、マイナスな感情になり、ドンドンとストレスが溜まっていくばかりですよね。

ネガティブな思考(=思い込み)に気付いたら、他の思考ができないか考えてみましょう。

意識的な思考のリストアップが難しい場合は、あなたとは対照的な性格をしている身近な人や理想のタレントさんなどをイメージして「あの人ならどう考えるんだろう・・・」と想像してみると浮かびやすくなりますよ。

同じ状況でも次のように考えることだってできますよね。

出来事

話しかけたのにそっけない対応をされた

話しかけたのに、そっけない対応をされた。

思考
  • 考え事でもしてたのかな?
  • 今日は体調が悪いのかもしれないな
感情
  • 平常心(落ち着いた精神状態)
行動

今は話すタイミングじゃなかったんだ。後でまた話しかけてみよう。

  • 今は話すタイミングじゃなかったんだ。後でまた話しかけてみよう。
  • 相手の体調を気遣う行動をする。

友だちがそっけない態度をしてしまった理由はいくらでも考えられます。
でも、本当の理由は本人にしかわからないのです。
ですから、グルグルと頭の中で何度もその理由を憶測して、悪い方向に想像力を膨らますのは意味のないことです。

常にいろんな思考をめぐらせて、バランスのよい思考ができるクセが身に付けていきましょう。
くれぐれも自分の勝手な思い込みに支配されて、無駄なストレスをためることはしないでくださいね。

心がけひとつで人間関係のストレスは案外簡単に減らすことができるものです。
いろんな切り口から思考を探ることを習慣にして、思考、感情、行動を自分でコントロールすることにチャレンジしてみましょう。

【人間関係のストレス解消法 その2】
マインドフルネス

マインドフルネス

マインドフルネスとは、主に瞑想を使って心をコントロールする方法です。
手軽に実践できることから、ストレスや不安感の改善に広く活用されているんです。

マインドフルネスで行う瞑想は、お坊さんがやるような本格的で難しそうなものではなく、誰でも簡単に実践できるものなので安心してくださいね。

主に以下のようなメリットがマインドフルネスにはあると考えられています。


  • 心のコントロール
  • ストレスの軽減
  • 不安を和らげる
  • 集中力アップ

いかがですか?
どれも人間関係のストレスに疲れてしまった人には魅力的なメリットですよね。
マインドフルネスはぜひとも取り入れていきたい習慣です。

具体的には、以下の方法でマインドフルネス瞑想を行っていきます。


  1. 姿勢を正して、リラックスできる姿勢で座る
  2. 目を閉じる
  3. ゆっくりと呼吸をし、注意を呼吸に向ける
  4. 呼吸へ向けた注意を持続させる
  5. ゆっくりと目を開ける

心をコントロールできるようになれば、波一つ立たない穏やかな水面のように、心をフラットな状態に保つことができます。

心をフラットに保てると、偏った思考で出来事を見ることがなくなり、柔軟でバランスの良い思考ができるようになります。

先ほどもご説明したように、柔軟でバランスの良い思考は、人間関係のストレスを解消するのに不可欠です。
いつでもフラットな心の状態になれるように、マインドフルネスの習慣をぜひ取り入れてみましょう。

マインドフルネス瞑想の解説や実践方法は、以下の記事でくわしく紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

参考:マインドフルネス瞑想を徹底解説!5ステップで不安やストレスを解消するマインドフルネス瞑想のやり方まとめ

【人間関係のストレス解消法 その3】
今のストレスや悩みがずっと続くものではないことを理解する

今のストレスや悩みがずっと続くものではないことを理解する

どんなにストレスに感じることも、永遠には続かないということを理解しましょう。

あなたは一年前、三年前、五年前の今日と同じ日にどんな出来事でストレスを感じたか覚えていますか?
おそらく覚えていないのではありませんか?

あなたや、あなたを取り巻く環境は日々変化しています。
わかりやすく目には見えていなくても、確実に変化しているんです。

だから、あなたにストレスをもたらすような状態も永遠には続かないんです。

例えば、髪の毛は一日にごくごくわずかな長さしか伸びません。
毎朝、鏡の前に立っていても、昨日の朝との髪の毛の長さの違いに気付くことはありませんね。

目にはその変化は見えませし、気付くこともありません。
でも確実に髪の毛は伸びていますし、一ヶ月前の写真と比較すれば、髪の毛の長さの変化に気付くことができます。

これと同じで、あなたを取り巻く環境や人も、今この瞬間に劇的な変化を見せることはありませんが、少しずつではありますが、確実に変化しているんです。

ジワジワと伸び続ける髪の毛のように、少しずつ確実に変化しているのです。

3ヶ月、半年、1年、2年と、ある程度の時間がたって、振り返ってみないとその変化には気付けないかもしれません。
でも気付けないからといって、このままの状態がずっと続くものだと錯覚するのは間違いです。

まずは、あなたが今抱えている人間関係のストレスが永遠に続くものではないことを理解しましょう。
そして、ストレスの種を永遠に抱え続けなければならないと思い込むのはもうやめにしましょう。

「ストレスを感じているとき」にできること

【人間関係のストレス解消法 その4】
お気に入りの香りを嗅ぐ

あなたはお気に入りの香りや、落ち着くなと感じる香りがありますか?

実は研究によって、香りは人間の感情や本能的な行動に直接作用することが明らかになっています。
また、アロマオイル(精油)がうつ病、不安、認知障害、ストレス関連障害の治療に効果的であることも報告されています。

つまり「香り」は、人間関係のストレスに苦しむあなたの強い味方になってくれるんです!

例えば、ラベンダーの香りには、イライラや興奮を抑え、気持ちを落ち着かせる効果が確認されています。
また、ラベンダーの香りによる刺激によって、リラックス状態のときに発するα波が増加することもわかっています。
このことから、ラベンダーの香りはリラックス効果が高いことが確認されました。

お気に入りの香りがあれば、おやすみ前やリラックスタイムに香りを楽しむのもいいでしょう。
特に人間関係で悩んでいる人やストレスを自覚している人は、ラベンダーの香りを試してみてくださいね。

アロマオイル(精油)を使ってリラックスする方法はこちらのページで詳しく解説しています。

参考:不安で眠れないあなたへ。不安を沈めてグッスリ眠るために知っておきたいこと、対処法まとめ

【人間関係のストレス解消法 その5】
ガムを噛む

ストレスを感じているときにオススメしたいのが「ガムを噛む」ことです(仕事中のガムが禁止されている方はすみません……)。

ガムを噛むときって、無意識のうちに一定のリズムで噛み続けていますよね?

一定のリズムで単純な動作を繰り返すことを「リズム運動」呼んでいます。
実はこのリズム運動は、緊張をほぐしてリラックスをもたらす「セロトニン」という神経伝達物質を増やしてくれるのです。

つまり、ガムを噛むというリズム運動がセロトニンの分泌を促し、その結果リラックスしやすい状態へと導いてくれるんです。

スポーツ選手が試合中にガムを噛んでいるシーンを見たことはありませんか?
あれはリラックスして集中力を高めるためにガムを噛んでいたんです!

ガムを噛むだけではなく、食事中に時間をかけて、しっかりと噛むことでセロトニンの分泌が盛んになります。
もし職場でガムが禁止されている場合は、昼食時にしっかりと噛むことを意識してみてくださいね。

噛むという行為のリラックスパワーを活用して、楽な気持ちで1日を過ごせるように心がけましょう。

【人間関係のストレス解消法 その6】
その場を離れる(席を立つ、トイレに行くなど)

人間関係でストレスを感じたときは、その場でじっとストレスを抱え込むのではなく、まずはその場から移動してみましょう。

人は何らかの事情でストレスを抱え込んでしまうと、そのことだけに意識が向いてしまうものです。
それはまるで、暗いトンネルに入り込んでしまったように、ぐーっと視野が狭くなって特定のネガティブな出来事だけに意識が集中してしまうのです。
そして、トンネルの外側の景色が見えないのと同じように、他のことに意識を向けることができなくなってしまうのです。

この現象のことを「トンネル・ビジョン(トンネル性視野)」と呼んでいます。

例えば、上司に嫌味まじりに注意を受けたとしましょう。

あなたはイライラしてしまい、上司の顔が頭をめぐって、ストレスはドンドン増していくばかり。
イライラしているうちに、午前中にしなければならないメール返信を忘れてしまっていた……。

あなたにも似たような経験をした覚えはありませんか?
これはネガティブな出来事に意識が集中してしまった結果、他のことが見えなくなってしまったために起こったと考えられます。

でも実際にはトンネルは存在していなくて、あなたの意識が勝手に作り出したものです。
自分の意識がトンネルの中にいることに気づいたら、外の空気を吸いに出たり、お手洗いに行くなどして、その場から離れてみましょう。

その場にじっとしているよりも、少しの間だけでも別の場所に移動すれば、心は落ち着きやすくなります。

そして、伸びをしたりして軽く体を動かして、まずは体をリラックスさせます。
体がほぐれてきたら、ネガティブな出来事に向いた意識を今やるべきことに向けるように心がけましょう。

オススメできないストレス解消法

お酒

お酒は適量であれば、心身の緊張がほぐれてリラックスするのに役立つと考えられています。
ただ、お酒に頼りすぎてしまうと依存症の問題もありますし、体を壊してしまう可能性もあります。

くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

こちらのサイトでは、最近飲んだお酒の種類と量をチェックするだけでアルコールの摂取量がチェックできるようになっています。
最近、ちょっとお酒を飲みすぎているかも・・・と気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

参考:アルコール摂取量チェックリスト|キリン

暴飲暴食(やけ食い)

ストレスが溜まっているときって、無性に甘いものが食べたくなりませんか?
実は糖分は“幸せホルモン”とも言われる「セロトニン」の分泌に深く関わっているんです。

先ほど少し触れましたが、セロトニンはイライラする気持ちを沈めたり、心を落ち着かせてくれる作用があるとされています。

つまり、糖分を取ると「セロトニン」が分泌され、この「セロトニン」の作用で一時的にストレスが軽減しているように感じられるのですと考えられます。

もちろん、暴飲暴食の原因はこれだけではなく、これまでの生活習慣や食生活によっても左右されますが、人間関係でストレスを感じるたびに暴飲暴食をするクセがついてるなと感じる人は注意しましょう。

暴飲暴食でストレスを解消するクセがついてしまうと、ストレス状態が長期間続いたときに長期間にわたって暴飲暴食が続いてしまい、健康を害してしまう可能性もあるからです。

お酒と同じで依存には注意しましょう。

浪費(散財、無駄遣い)

実はお金を使うという行為には、精神的な満足感を得られるという側面があります。
買うかどうか散々迷っていたのに、「えいっ」と思い切って買ったとたん、スッキリして爽快な気分になった経験はありませんか?

買い物ってモノを手に入れるという物理的なメリットと、お金を使うということで得られる精神的な充足感があるんですね。

お金を使うと精神的に満たされるので、ストレスが溜まってしまうと発散するためにドンドンとお金を浪費してしまう場合があります。

ストレスが溜まるたびに浪費する癖がついてしまうと、生活が破綻してしまう可能性もあります。
お金を使うことでストレスを発散していることを自覚している人は特に気をつけましょう。

「自分はそんなに浪費していないと思うんだけど・・・」という人も、以下に当てはまるようであれば、ストレスの発散として浪費をしていないか注意深く思い返してみましょう。


  • 気がつくとお金を使っている
  • 必要ないとわかっているのに買ってしまう、
  • お金がかかる趣味をもっている

浪費癖が気になるようであれば、買ったものをその都度、記録してみるといいですよ。
最近では簡単に出費を管理できるアプリも多くあるのでうまく活用してみてくださいね。

毎月の出費を客観的に見つめなおし、少しずつ無駄な浪費を控えていきましょう。

ストレス発散に料理がオススメ!?
気分転換したいときや不安を鎮めたいときに料理をするとイイ理由

ストレスを抱えているときに、無心になって没頭できる趣味があるとイイ気分転換になります。
集中して無心になるという経験は「マインドフルネス」に通じるところがあります。

あなたは夢中になれる趣味は持っていますか?

「ん〜これといって思いつかないな・・・」というあなたにオススメなのが料理なんです。
料理なんて興味ないし、疲れるだけだよと思っていませんか?

料理を作ると感情がどのように変化するのかを観察した研究では、料理をすることで不安や緊張、疲労が軽減していたのです。
このことから、料理には感情を落ち着かせる効果が示唆されています。

「緊張‐不安」「疲労」「混乱」因子得点の変化量において減少した被調査者が多く見られたことは,料理には,感情を落ち着かせ,まとまりを与える効果があることを示唆するものであった

引用元:料理がもつ芸術療法としての可能性の検討

自炊すれば無駄な浪費も防げますし、健康的ですよね。
外食が多い方は積極的に自炊を取り入れてみてはいかがでしょうか?

最初から手の込んだ料理を何品も作る必要はありません。

まずは一品作ってみるところから無理なく始めてみるものいいかもしれませんね。
足りない分はお惣菜を買ってくるなどして、徐々に料理のレパートリーを増やしていきましょう。

クックパッドではストレス解消に役立ちそうなレシピが紹介されていますので、もしよければ参考にしてみてくださいね。

参考:ストレス解消のレシピ|クックパッド

苦手意識がある人との接し方と克服法3つ

冒頭では「労働者健康状況調査」の中で仕事や職場生活で強い不安、悩み、ストレスを感じると答えた人の41.3%が「職場の人間関係の問題」をその原因に挙げていることをご紹介しました。

強い不安、悩み、ストレスを感じる原因のトップがこの「職場の人間関係の問題」だったんです。
職場の人間関係で多くの人が悩んでいる事実がデータから明らかになりました。
でも悩んでいるからといって、簡単に退職するわけにもいかないのがツライところですよね……。

解決が難しい職場の人間関係ですが、大切なのは相手との“距離感”ではないでしょうか。

相手と適度な距離を保つことは大切ですが、それは決して苦手な人を避けるということではありません。
相手を避けたいあまり、人間関係がギクシャクしてしまっては逆効果ですからね。
そこで最後に、相手と適度な距離感を保ちながら、人間関係をスムーズにしていくポイントをご紹介します。

【苦手意識がある人の克服法 その1】
挨拶はきちんとする

「始め良ければ全て良し」「終わり良ければすべて良し」といった“ことわざ”があるように、どんなことでも最初と最後が大切です。

人と接するときも同じなんです。
1日の始まりと終わりには、たとえ苦手な人でもきちんと挨拶をしましょう。

苦手な人だからといって、顔を見るなり挨拶もせずに見つからないよう逃げ回ってはいませんか?

苦手な人と接するとき、あなたが持っている「苦手意識」が相手に伝わってしまうのは避けなければなりません。
苦手意識が相手に伝わって時点で、あなたに対して相手が敵対的な感情を抱く可能性があるからです。

こうなってしまうと、人間関係は一気にギクシャクしてしまい修復するのは困難になってしまうでしょう。
この点、挨拶は敵意がないことの表れであり、心を開いて接していますよ、という姿勢を相手に示す意味合いがあります。

つまり、挨拶は苦手意識が相手に伝わるのを防ぐことができるのです。

1日の始まりに「今日もよろしくお願いします」という気持ちで挨拶をして、終わりには「今日もありがとうございました」という気持ちで挨拶をすれば、少なくとも相手に悪い印象を与えることはありません。

億劫がらず、苦手な人にも積極的に挨拶をしてみましょう。

もちろん挨拶だけではなく、助けてもらった時には「ありがとうございます」と感謝を表し、迷惑をかけてしまった時には「すみませんでした」と謝罪の意を表すといったように、面倒くさくても意識して「言葉」にして相手に伝えることを忘れずにしましょう。

【苦手意識がある人の克服法 その2】
必要な報告や連絡はきちんとしたうえで「接している時間を短くする」

苦手な人と過ごす時間が長くなればなるほど、ストレスも溜まっていくもの。
ですから、苦手な人と接している時間はできるだけ短くするように心がけましょう。

ただ「接している時間を短くする」というのは、決して相手を避けるのではありません。

会社の人間関係であれば、必要な報告や連絡をきちんとするのは大人として当然のことですよね。
またプライベートであっても、友だちからの連絡に返事をするのは最低限のマナーです。

あなたが苦手に思っているだけで、相手はあなたをとてもよい同僚、もしくは友だちと感じているかもしれません。
あなたの苦手意識は、あくまでもあなただけのもので、相手も同じようにあなたに対して苦手意識を抱いているとは限らないのです。

ですから、人と関わっていくうえで最低限の義務を果たしたうえで、苦手な人と接している時間を極力短くするように心がけてみましょう。

例えば、苦手な友だちからの誘いの全てに応じる必要はありません。
ときには、当たり障りのない言い訳を用意して断ったっていいんです。

ベッタリと引っ付いて長い時間を過ごすのが良い友だちではないからです。

また、職場の人間関係では、必要な連絡事項を伝え終わったら、さっと会話を切り上げるのもいいでしょう。
「3分で終わらせる」「5分で終わらせる」のように時間で区切ってみるのもいいですね。

人と接する以上、コミュニケーションは大切です。
でも、人にはそれぞれ適切な「距離感」があるはずですよね。

まずは接している時間を意識して、相手との距離感を調整していきましょう。
もちろん、苦手だからといって引きつった表情やムスッとした態度ではなく、笑顔でスマートに接することを忘れずに。

【苦手意識がある人の克服法 その3】
共通の話題や趣味は避ける

人と仲良くなったり、親近感を覚えるときってどんなときでしょうか?

初対面でもお互いに共通する話題(出身地が同じなど)や趣味が見つかると、短時間で打ち溶け合って仲良くなりやすいですよね。
人は自分と共通する部分を持った人とは仲良くなりやすいんですね。

逆にいえば、どうしてもこの人とは馬が合いそうにないし、今より親しくなるのはちょっと……という場合は、共通の話題や趣味については話さない方がいいかもしれません。
自分と同じ趣味を持っていることが会話の中でわかったとしても、軽く受け流して他の話題に移ったり、会話を切り上げたりするなりする工夫をしてみましょう。

事務的な会話に終始する可能性もありますが、苦手な人と無理に仲良くする必要はありません。
繰り返しになりますが、大切なのは適切な距離感です。

多くを語らず、かつ相手の気分を害さないためには、会話では聞き役に徹するのがポイントになります。

聞き役に徹しながらうまく雑談をするポイントをこちらのページでまとめていますので、よければ確認してみてくださいね。

参考:「雑談ができない ・・・ 」とお悩みのあなたにオススメしたい雑談力がグッとアップする方法7選

世の中には大勢の人がいますから、どうしても苦手な人と接する機会は避けられません。
これは別にどちらが悪いというものではなく、人には合う合わないの相性があるので仕方のないことです。

共通の話題を避けるなどの工夫をしながら、今の距離感を維持するか、徐々に距離を広げていくようにしていければ、もっと人付き合いが楽になるかもしれませんね。

こうした経験を積んでいくことで、徐々に苦手な人とのちょうど良い距離感がつかめてくることでしょう。

本日のおさらい

今回は人間関係のストレスでお悩みの方に原因をオススメの解消法をご紹介してみましたが、いかがでしたか?

いろんな人がいる中で、相性が合わない人がいるのは仕方のないことです。
でも、せっかくならイライラしたり不安を抱えながらよりも、気軽に接して楽な気持ちで過ごしたいですよね。

今回お紹介した内容があなたのストレスを軽くして、人間関係の悩みから解放されるきっかけになれれば嬉しいです!

«

なごみ整体院の人たち

永岡さくら

永岡 さくら
- Sakura Nagaoka(22)

753(なごみ)整体院で働く新人整体師。

おしゃべりが好きで施術が終わっても患者さんと話し込むこともしばしば。ただ、持ち前の明るさが功を奏し、周りからは愛されている存在。

キラキラした整体師になることを夢見ているが、キラキラする方法はまだ見つかっていない。

趣味は銭湯めぐり。


一ノ瀬かよ

一ノ瀬 かよ
- Kayo Ichinose(29)

753(なごみ)整体院の頼れる院長。さくらの指導役であり良き理解者。

地域の人々からもっともっと愛される整体院にすべく日々奮闘中。

いつも冷静沈着だが、可愛いものが大好きで特にウサギをモチーフにしたキャラクターを目にすると異常にテンションが上がる。

最近、アボカドをワサビ醤油でつまむのにハマっている。


黒猫

クロ・セバスチャン・デン
- Den(?)

753(なごみ)整体院の看板ねこ。

名前が長いので普段は「デンちゃん」と呼ばれている。


MAIN MENU

© 2018 整体院ネット All rights reserved.