整体院ネット

首こりの原因を徹底解明!一刻も早く解消したい人は必見です。

[記事公開日]2015年4月12日  [最終更新日]2016年6月8日

[カテゴリ]首こり

みなさん、こんにちは! 整体院ネットの白石さくらです。

早速なんですが、あなたは首こりにお悩みではありませんか?
例えば、首こりにお悩みのあなたはこんな経験をされたことはありませんか?

首こりによる体調不良

「明日はせっかくの休日。溜まってた家事を片付けて、アレもコレもやって充実した1日にするぞ!」

と、意気込んで眠ったのに、朝起きてみれば、首が重い……なんだか頭痛もするな……。結局、何もできないままに一日を布団の中でダラダラと過ごすことしかできない…。

首こりに悩まされている人なら、何度かこんな経験をされているのではないかと思います。

首こりの症状がひどくなると頭痛や目まいを引き起こし、日常生活に次々と悪影響を及ぼします。困ったものです……。

首こりを解消するには、まずはその原因を理解することが大切なんです!
原因を理解して、首こりが悪化するのを食い止めましょう!

「そんなのわかってるよ!」という首こり上級者のあなた。

確かにこれまで、その原因や改善方法など、首こりについてのたくさんの情報に触れてきたかもしれませんね。

ここではわかりやすく原因、対策をお伝えしますので、首こり予防、改善に役立つ基礎知識をもう一度しっかりと整理していきましょう。首こりの原因がわかると、今後の対策も立てやすくなるので、それだけで少し気が楽になりますよ。

何事も解決するには、その原因を知ることから。

今までこりに長く苦しめられている人も、最近なんか少しダルく感じるな、という、こり予備軍の人も、まずは首こりの原因を突き止めることから始めていきましょう!

それでは、はじまりはじまり〜!

永岡さくらの整体院ネット

ポイントは血流! 首こりの原因を知って、こりのスパイラルを回避しよう!

首こりが生じる初期の段階では、首には一体どのようなことが起こっているのでしょうか?

それはスバリッ! 首まわりの血流が悪くなっているのです。

では首こりが起こる原因と、そのメカニズムを見ていきましょう!

首こりの原因を徹底解明!

血流が悪い状態が続くと私たちは「こり」を感じ、体の不調を自覚すると言われています。首こりでいうなら、首まわりの血流が悪い状態が続くことが原因、といえますね。

なぜ血流が悪いと、こりが起こってしまうのでしょうか?
血流が悪くなった患部にどんなことが起こっているのか、その中身を見ていきましょう。

血流促進のポンプ機能を果たすのは誰だ!?首こりの救世主を探せ!

私たちの体には全身くまなく血管が張り巡らされていて、大別すると動脈と静脈に分けられます。

なんだか理科の授業のようになってきましたね(笑)。

動脈は心臓から送り出された血液を全身の臓器に運ぶための血管です。血液は酸素や栄養分を全身の組織に運び、働きを終えた血液を心臓に戻す血管が静脈です。

引用元:動脈と静脈の役割(足健康 | ゼリア新薬)

心臓の鼓動がポンプの役割となって、血液が勢いよく動脈に送り込まれます。一方、静脈には心臓からの手助けがありません。代わりに筋肉がポンプの役割を果たします。筋肉が縮んだり、緩んだりすることで心臓のポンプ機能の代わりを果たし、血液を心臓へと送り返すのです。

ん……? そう、勘のよいみなさんは既にお気付きですね。

筋肉がポンプ機能を果たしているということは、その筋肉が上手く伸縮できないと血流が悪くなってしまうのです。

つまり、体を動かさずに、一定の姿勢で筋肉を固定したままでいると、筋肉がポンプ機能を果たすことができず、血流の悪化を招いてしまいます。長時間にわたって同じ姿勢で作業をしたりすることや、運動不足な生活は避けたいところですね。

私も気を付けなきゃ……。

では、次に筋肉について。

同じ姿勢で動かないままでいると筋肉はずっと緊張状態におかれ、それが長時間に及ぶと筋肉は次第に縮こまり、硬直していきます。

筋肉が硬直しているとき、いつものあの「ダルおもぉ〜い」感覚を味合うことになるのです。まさに首こりに苦しめられている状態ですね……。

硬直してしまった筋肉では血流を促進するポンプ機能を果たすことができません。

ちなみに、首まわりには約20種類の筋肉があるそうなんですが、知ってましたか?
“首こりから引き起こされる頭痛は、首まわりの筋肉の負担が頭部の筋肉に影響を及ぼし引き起こされる”と医学的にも首こりと頭痛を関連付けて考えているようです。

筋収縮性頭痛

原因としては、頭頚部外傷、老視や乱視などの眼球屈折異常、ストレスなどがあるとされています。
長時間のパソコン作業や細かい細工物仕事による目の疲れも関係しているでしょう。頭痛が治らないことがさらにストレスとなって悪循環を形成します。 この種の頭痛がめまいに合併することも多く、片頭痛以上にめまいと原因が共通している可能性があります。
そのひとつの考え方として、「くび」の関与があります。首回りの筋肉の負担が連鎖的に筋収縮を生じるとしての“「頚性頭痛」”とする概念が重要です。
めまいの原因として「頚性因子」が多いという一面からは、頭頚部外傷、眼科的異常、ストレス、疲れ目なども「くびこり」を介して頭痛につながっていると考えられます。

引用元:めまいと頭痛(医療法人入野医院)

「血流の悪化」+「筋肉の硬直」がこりの原因! 2大要因に強力タッグを組ませるな!

静脈は二酸化炭素や筋肉に溜まった乳酸等、体の老廃物を運搬しています。

しかし、筋肉が硬直し上手くポンプ機能を果たすことができないと血流が悪化し、老廃物をスムーズに運搬することができなくなってしまいます。すると、乳酸等を上手く排出できず、筋肉の中にどんどん溜まってしまいます。

乳酸が筋肉の中に溜まることで、さらに筋肉は硬く硬直してしまいます。

この負のスパイラルに陥ってしまうと、こりがどんどんとキツくなってしまうのですね
なお、これらは首こりだけでなく、他の部位(肩や腰)にも共通原因となります。

首だけでなく、肩や腰等のこりにもお悩みの人は特に気を付けましょう。

首こりの原因は理解できたかしら?

首の筋肉が硬直してしまうと下のようなスパイラルに陥ってしまうの。

【首こり】負のスパイラル

長時間同じ姿勢等で筋肉が硬直
 ↓
血流の悪化
 ↓
肉内に乳酸等、老廃物が溜まる
 ↓
さらに筋肉が硬直
 ↓
さらに血流が悪化
 ↓
さらに乳酸等、老廃物が溜まる
 ↓
さらに筋肉が硬直
 ・
 ・
 ・

まずは正しい姿勢を心がけて、こまめに体を動かすなどして長時間同じ姿勢でいることのないよう気を付けるのよ。

次は首まわりの筋肉を硬直させる具体的な動作等を紹介するわ。女性特有の首こり原因もたくさんに出てくるから、女性の方は特に要チェックよ。

オフィスでこんな姿勢は赤信号!デスクワークに潜む首こり原因

突然ですが、顎を突き出した姿勢でこのお話しをお読みではありませんか?

「えっ(ドキッ)」としてしまったあなた。日頃から「背中が丸まってるよ〜」とか「姿勢が悪いよ〜」と注意されることも多いのでは? そんなあなたは、きっと猫背でもあるはずです。実は猫背と突き出した顎には深い関係があるんです。

猫背で背中が丸まると頭(顔)は自然と下を向き、視線は下(地面の方)へと向かいます。そのままでは前を見ることができないので、首の力を利用して顔を上げようとするわけです。

猫背について

この姿勢だと、頭を支えるために首の後ろの筋肉に負担が集中し、緊張状態が続くことになります。これが原因となって徐々に筋肉が硬直していき、その結果、私たちは首こりを起こしてしまうのです。

人間の頭の重さは約4kgから5kgといわれています。この重みを首の筋肉で支えることになるわけなので、首の筋肉が悲鳴をあげるのも無理はありませんよね。

首って本当に働き者なんですね。普段あんまり意識したことないけど、筋肉が硬直して悲鳴を挙げるまで頑張ってくれているなんて……。

ホント、頭が下がります……(下げるとまたこりがひどくなりそうですがw)

普段の姿勢が原因なら今すぐにでも改善して、一秒でも早く「こり」を解消したいところです。

目指せ、こりゼロ美人! 女性特有の首こり原因をご紹介

女性の天敵「冷え性」

77.6%。これが何の数字だかわかりますか?

実はこの数字、冷え性を自覚し、悩まされている女性の割合なんです(養命酒調べ)。

世間ではこんなに多くの女性が冷え性に悩まされているんですね。
私も冷え性女子の一人なんですが……。

手足が慢性的に冷えている感覚が続くことを冷え性と呼ぶのですが、このとき、私たちの体は体温調節機能がうまく機能していない状態にあるんです。

冷え性は血流悪化の原因となります。つまり、冷え性になると疲労物質が溜まり、老廃物をうまく排出することができなくなるのです。

老廃物が筋肉に溜まり続けると、次第に筋肉から染み出し、神経を刺激するようになります。老廃物が神経を刺激することで、私たちは強いコリを感じるようになります。

このように血流の悪化を原因として、冷え性の人は同時にコリにも悩まされるという悪循環に陥っていくのです。

冷え性に関しては下記のサイトでわかりやすく解説されていますので、ぜひチェックしてみてください。

筋肉量が少ない

首は365日24時間にわたり、私たちの頭を支えてくれています。
そのため、頭を支える首の筋力が首こりに深く関係しています。

男性よりも筋肉量が少ない女性は、筋力で男性に劣り、首に掛かる負担も男性より大きいものとなります。そのため、女性の首の筋肉は男性に比べて緊張状態が長く続くようになります。

緊張状態が長く続くということは、より筋肉が硬直しやすくなり、血流が悪化しやすくなります。その結果、女性は筋力が劣ることが原因で、男性よりも首こりを起こしやすいと言われています。

女性の体型との関連性

女性は胸の重みを支えなければなりません。そのため肩や首の付け根には男性よりも負担がかかり、筋肉の緊張状態が続きます。

サイズ違いのブラジャーは胸の重みをうまく支えることができないため、肩や首の付け根へかかる負担をさらに大きくすることになります。

首こりの原因になることがないようにサイズ選びにも気を付けたいところです。首にかかる負担を少しでも小さくするよう心掛けましょう。

オシャレは大切!でも、そのファッションが首こりの原因かも!?

血流の悪化がこりの原因になるため、血流の悪化を招くファッションは避けたいところです。ここでは、血流に影響を与えるファッションの例を挙げていきますので、首こりにお悩みの人はぜひ参考にしてみてくださいね。

去年買った洋服が首こりの原因?去年より「少しだけ」太った人は要注意!

体重の増加

締め付けの強い服装が血流を悪くし、こりの原因となることは先ほど少し触れました。服選びのポイントは皆さんそれぞれだと思いますが、少なくとも体の締め付け具合等を考慮し、適正なサイズを選びますよね。

でも、実は注意が必要なのはその後なんです!

考えたくない話ですが、例えばその後、私が10キロ太ってしまったとしましょう。

以前、着ていた洋服は着ることができるでしょうか?答えはもちろん「NO」です。(まぁ、急に10キロ太ることは考えにくいので極端な例ではありますが…)

太る前に着ていた洋服は全て処分しなければなりません。

でも、これが3キロ太った場合だったらどうでしょうか?

もちろん、洋服の種類によっては着ることができないものも出てくるでしょう。でも、多くの服はまだ着用可能です。

この「着用可能」が実は危険なんです!

着ることはできるんですが、買った時よりも体が大きくなっている分、当然体の締め付け度合いも強くなっているわけです。

つまり、気付かないうちに、自分にとっては適正なサイズだと思ってきていた洋服が、いつの間にか自分の体を締め付けるタイトな洋服へとなっているのです。

こうして、気付かないうちに血流悪化の原因を作ってしまうことがあるんです。そして既にご存知のとおり、血流の悪化は首こりの原因となります。

女性は自分の体重には敏感なものですが、最近体重測ってないなーって人は気をつけて下さい。特に最近少し太ったかも、とお感じの人は要注意です。

購入時は締め付けもそれほどだった洋服が、知らず知らずのうちにあなたの体を締め付けている可能性もあります。

去年はお気に入りだったの服が、今年はあなたの首こりの原因を作るやっかいものになっているかもしれません。

髪型

ポニーテールに代表される「まとめ髪」は首の冷えを引き起こすと言われています。そし既に冷え性のところでも触れましたが、冷えは血流悪化の原因となります。

最近ではシニヨン等、首を露出するヘアアレンジも多く見受けられるようになりましたが、首の冷えにはくれぐれも注意したいところです。(個人的には、長い髪をスッキリまとめることができて、なおかつカワイイので大好きなのですが……)

冬はもちろん、夏でも冷房が効いているところでは体が冷えがち。首こりに悩まされている人は、ヘアアレンジをするときには少し気にかけてみると良いでしょう。

また、髪の毛を強く縛りすぎるのもNGです。強く縛ることで頭から首元の皮膚が一緒に引っ張られます。すると、引っ張られた部分に無駄な圧力がかかり血流の悪化の原因となります。

普段、まとめ髪が多い人は首こりの原因を一つずつ減らしていく意味でも、強く髪の毛を縛りすぎることのないよう気を付けましょう。

ファッション、洋服

体、特に首こりにお悩みの人は首元が冷えるような服装はできるだけ控えたいところ。

例えば首周りが広く空いたTシャツやカットソーは首元を冷やす原因となります。

首こりの症状をお持ちの人は血流が悪く、首のこりだけではなく「体のむくみ」にも悩まされている人が多いようです。

血流の悪化は体のむくみの原因にもなり、むくみからさらに血流が悪くなり、首のこり(もしくは肩、腰等)をも悪化させてしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。

首と下半身は離れた位置関係にありますが、股下の短いボトムスは要注意です。

股下が短いと足の露出部分が通常よりも多くなります。そのため下半身が冷えやすくなます。

下半身には約70パーセントの血液が集中していると言われていますので、足を冷やしてしまうと体全体に冷えが回ってしまいます。

さらに通常ボトムスは締め付けの強いため下半身の血流も悪化してしまいます。多くの血液が集中している下半身を締め付けることになれば、それが体全体の血流悪化の原因となるのは無理なくご理解いただけるかと思います。

このように冷えと血流の悪化を招くような服装は、体のむくみとこりの原因となるため、首こりにお悩みの人、さらには体のむくみにもお悩みの人は特に気を付けてくださいね。

あまり気にしすぎるのもストレスとなるので良くありませんが、首こりがひどい日などは、首への負担を少しでも減らすためにネックレス等、首に負担がかかるものもできるだけしないように心がけましょう。日々の心がけが大切です。

できるところから首こりの原因を排除していきましょうね。

本日のおさらい

さて、首こりの原因をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回は女性に多く見受けられる首こりの原因にフォーカスしてみました。女性特有の体質や体型など、自分では変えることが難しい部分が首こりの原因となってしまうこともありますが、日頃の姿勢や運動不足等、対策ができるところは気を付けていきたいですね。

最後までお付合いいただいたあなたは、もう首こりの原因をしっかりとご理解いただけたはずです。

これからは知らず知らずのうちに原因を作って首こりを悪化させてしまっている、なんて状況を避けて、首こりに悩まされる日々に早くさよならをしましょう!

痛っ!イタタタタタ……!!

あら、さくらちゃん、どうしたの?

なんだか首がダルくて、頭痛もするんです〜。

さくらちゃんは姿勢もキレイだし、首こりを起こす原因は見当たらないんだけど……。
あら!? さくらちゃん、その制服そんなにパンパンだったかしら?

・・・・・・。 じ……じつは……最近、少し太っちゃったんです。

締め付けの強い服が首こりの原因になりかねないって、さっき自分で言ってたところじゃない。さっそく新しい制服を注文しないとね!

・・・は〜い。

»

なごみ整体院の人たち

永岡さくら

永岡 さくら
- Sakura Nagaoka(22)

753(なごみ)整体院で働く新人整体師。

おしゃべりが好きで施術が終わっても患者さんと話し込むこともしばしば。ただ、持ち前の明るさが功を奏し、周りからは愛されている存在。

キラキラした整体師になることを夢見ているが、キラキラする方法はまだ見つかっていない。

趣味は銭湯めぐり。


一ノ瀬かよ

一ノ瀬 かよ
- Kayo Ichinose(29)

753(なごみ)整体院の頼れる院長。さくらの指導役であり良き理解者。

地域の人々からもっともっと愛される整体院にすべく日々奮闘中。

いつも冷静沈着だが、可愛いものが大好きで特にウサギをモチーフにしたキャラクターを目にすると異常にテンションが上がる。

最近、アボカドをワサビ醤油でつまむのにハマっている。


黒猫

クロ・セバスチャン・デン
- Den(?)

753(なごみ)整体院の看板ねこ。

名前が長いので普段は「デンちゃん」と呼ばれている。


MAIN MENU

© 2018 整体院ネット All rights reserved.