整体院ネット

不安で眠れないあなたへ。不安を沈めてグッスリ眠るために知っておきたいこと、対処法まとめ

[記事公開日]2017年3月14日  [最終更新日]2017年3月15日

[カテゴリ]メンタルヘルス

こんにちは!整体院ネットの永岡さくらです。

突然ですが、あなたは不安に押しつぶされそうになって、眠れない夜を過ごしたことはありませんか?
もしかすると、眠れずにこのサイトにたどり着いたのかもしれませんね。


  • 一日の終わりに今日の出来事を振り返っていると、少し気になることが出てくる・・・そのことをただ漠然とボーっと考えていると、いつのまにか「不安」な気持ちに襲われている。
  • 明日のことや、もっと遠くの未来のことを想像するとなんとなく「不安」な気持ちになってしまう・・・。
  • 仕事にも慣れてきたけど、一生これが続くのかと想像するとなんとなく「不安」になってしまう・・・。
  • 胸のモヤモヤが邪魔をして、布団に入ってもなかなか眠れない・・・一体いつまでこんなつらい夜を過ごさないといけないのかと考えると・・・。
  • 出口のないトンネル、光の届かない深い海の底に閉じ込められたかのような感覚におそわれる。

こんなことが頭をよぎる夜があれば、なんとなく「モヤモヤ」した気持ちになって、姿の見えない不安に静かにジットリとおびえる、なんて経験も身に覚えがありませんか?

不安で眠れない夜

実は、研究により多くの人に不眠症の疑いがあることがわかってきました。
さらに、不眠の問題を抱える人の多くは不安な感情に襲われていたのです。
このことから、不安と不眠は切っても切り離せない、深い関係にあることが明らかになりました。

しかし、不安と距離を置くちょっとしたコツをつかめば、今より簡単に心を落ち着かせることができます。
心が落ち着くと穏やかな気持ちになって、自然な眠りにつきやすくなるんです。

1日でも早く不安で眠れない夜とおさらばして、穏やかな気持ちで眠りにつきたいですよね。
今日は不安で眠れない夜を、安心してグッスリ眠れる夜に変える方法をご紹介します!


まずは、不安で眠れない夜を過ごしている人がどのくらいいるのか統計データをご紹介し、不安が起こるメカニズムをご説明します。
その後、不安を和らげるツボや、リラックスできる方法、質の良い睡眠を得るコツをご紹介していきますね!
それではいってみましょう!


永岡さくらの整体院ネット

56.5%の人に不眠症の疑いが・・・多くの人が就寝前に「不安」を感じていたことが判明

2014年、主に医療用医薬品・ワクチンを取り扱う製薬会社「MSD株式会社」が、20代~70代の男女7,827名を対象に「不眠に関する意識と実勢調査」を実施しました。

不眠症に関する調査

調査によると、全体の約4割にあたる38.1%の人に「不眠症の疑いがある」ことが判明し、また全体の約2割にあたる18.4%の人に「不眠症の疑いが少しある」ということが明らかになりました。

つまり、「不眠症の疑いがある」人たちと「不眠症の疑いが少しある」人たちを合わせると、全体の約6割にあたる56.5%の人たちに、なんらかの不眠症の疑いがあることが判明したのです。

この調査では「不眠症の疑いがある」人たちの半数以上にあたる51.5%もの人が就寝前に不安感を感じると回答しています。
一方で、不眠症の疑いがない人たちが不安感を感じると回答した割合は12.6%にとどまりました。

このことから不眠症の疑いがある人たちは、就寝前に不安感を感じる人の割合が不眠症の疑いがない人たちの約4倍にのぼることがわかります。

不安で眠れない夜って、とっても孤独に感じませんか?
得たいの知れない重圧に押しつぶされそうで、でもどこにも逃げ出せない・・・恐怖にも似た感覚。
「なんで自分だけが毎晩こんなツラい思いをしなきゃいけないの・・・」と嘆いた経験もあるはずです。

でも、この調査から明らかになったように、56.5%もの人になんらかの不眠の疑いがあります。
しかも、眠れずに悩んでいる人の多くは、あなたと同様、「不安」という感覚におそわれていたのです。

不安に押しつぶされそうなとき、自分だけが・・・と悲観し、さらに深い不安に引きづり込まれそうになりますが、多くの人があなたと同じように不安に襲われ眠れない夜を過ごしていたのです。

いつも隣で楽しそうにおしゃべりしているあのコも、普段は口に出さないだけで、実は人知れず夜は不安に襲われているなんてことも十分にあり得るわけです。

この事実を知っているだけでも、客観的に現状を見つめなおし、あなたが落ち着きを取り戻すよいきっかけになるのではないかと思います。

不安で眠れない夜は、悩みごとで頭がいっぱいになって、ついつい視野が狭くなりよね。
でも、あなたが不安な状況のとき、多くの人も不安と闘い、眠れない夜を過ごしているの。

「自分だけじゃないんだ――」
と自分を落ち着かせ、冷静になるために、この調査結果を頭の片隅に置いておくといいわよ。

なお、この調査は世界共通の不眠症判定法である「アテネ不眠尺度」を用いて行われました。
この「アテネ不眠尺度」は不眠の程度を測定するときに世界共通の目安として使われている判定法なんです。

8つの簡単な質問に答えるだけでスグにあなたの不眠度を測定できるので、気になる方はぜひご自身の不眠度を測定してみてくださいね!

不安が起こるメカニズム

つかみどころのない「不安」という感情は一体どこからやってくるのでしょうか?

夜、布団の中に入って頭に浮かんできたとりとめのないことを「ぼーっ」と考えていると、だんだんと思考が膨らんでいって「あれ!? なんとなく不安になってきたな・・・」と、気づけば不安におそわれていたという経験は誰しもがしているでしょう。

実は、脳の一部「扁桃体」と呼ばれる器官が不安の発生源とされています。
つまり、不安は頭で生まれるのです!

不安と扁桃体の関係

扁桃体は私たちが五感で感じとった情報が危険かどうかを判断をするフィルターのような働きをしています。

いわば扁桃体はパソコンでいうところのセキュリティーソフトのようなもの。
セキュリティーソフトはあなたが閲覧しているウェブサイトや送られてくるメールがウィルスに犯されていないか、危険なものなのかそうでないのかを常に監視し、判断しているのです。

扁桃体もセキュリティーソフトと同じように、あなたの身を危険から守るため、今おかれている状況がどんなものなのか、警戒しないといけないのかを瞬時に判断しているのです。
扁桃体はいつもあなたを見守ってくれているのですね(頼もしい限りです!)。

扁桃体が危険と判断したとき、私たちの体は緊張状態に入り、危険を回避しようとするのです。


  • 筋肉が硬直し、体に力が入っている状態
  • 脈拍が速くなり、動悸がする
  • 胸がドキドキする
  • 血圧が上昇
  • 呼吸が浅くなり、息苦しく感じる

あなたが不安なとき襲われているとき、このような感覚を味わった経験があるかと思います。
このような体の反応は、扁桃体が状況を危険と判断し、脳内のネットワークが交感神経を刺激した結果なのです。

扁桃体は危険を察知する能力に長けていて、私たちが生きていく上でなくてはならない器官です。
しかし、ときに過敏に反応してしまうことがあります。

つまり、差し迫った危険が存在しないのに「危険だ!」と信号を発してしまうのです。

目の前に危険が差し迫っているのであれば、危険を回避することで、危機から逃れることができますが、目の前に危険が存在していないので、今の状況を変えることができません。

存在しないから、解決できない。
だからずっとモヤモヤする。

扁桃体の過敏な反応こそが、私たちが「不安」に襲われる原因だったのです。

「不安」という感情は、つかみどころがなさそうに見えます。
得体の知れないもので、ふとしたことをきっかけにして突然、「ドドドドッ!」と外から押し寄せてくるようにさえ感じられます。

でも実は、「不安」は扁桃体の過敏な反応によって作り出されていたのです。
つまり、不安は外から襲ってくるものでも何でもなくて、単に自分の中で起こっている出来事(現象)だったんです。

いつでも、どこでも簡単に使える!
不安を和らげるのに役立つ「ツボ」をご紹介!

不安な気持ちは場所、時間を問わず、ふとした瞬間に襲ってくるもの。
外出先で、あるいはデスクワークの最中に。

就寝前だけでなく、ふとした瞬間、あなたも急な不安におそわれた経験があるのではないでしょうか?

お家で寝る前にはもちろん、あなたがどこにいても人目を気にせず使える、不安を和らげるのに役立つ「ツボ」をご紹介します!

今回は以下、3つの「ツボ」をご紹介します!


  1. 神門(しんもん)
  2. 合谷(ごうこく)
  3. 後渓(こうけい)

【不安を和らげるのに役立つツボ】
1.神門(しんもん)

神門(しんもん)

不安感が強いときや、イライラしているとき、心をコントロールしたいときにおすすめのツボで、緊張した心を落ち着けてくれるといわれています。

手首の内側の横に走るシワの上にあります。
小指側のくぼみが目印。

神門(しんもん)に親指を押し当て、気持ちよく感じる程度の強さで圧をかけます。
左手首の神門(しんもん)を刺激し、次に右手首も刺激しましょう。

【不安を和らげるのに役立つツボ】
2.合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)

乱れた自律神経を調整してくれるツボ。
ストレスでイライラした心を落ち着かせてくれます。

親指と人差し指の骨が合わさる部分付近にあるくぼみが目印。
人差し指側の骨に沿って、指先側へと刺激をしていき軽く痛みを感じるところが合谷(ごうこく)です。

人差し指側の骨を裏側から押し上げるようなイメージで、気持ちよく感じる程度の強さで圧をかけます。
左右両手の合谷(ごうこく)を刺激します。

【不安を和らげるのに役立つツボ】
3.後渓(こうけい)

後渓(こうけい)

筋肉の緊張を緩和してくれるツボ。
不安を感じているとき、体は力み、筋肉は緊張している状態です。

後渓(こうけい)は特に首や肩といったストレスが症状として現れやすい箇所のこりや痛みに効果的といわれています。

手をグーに握るとできる小指側のシワが目印。

卵を軽く握るようなイメージで手を丸め、反対側の人差し指で垂直に気持ちよく感じる程度に圧をかけます。

左右両手の後渓(こうけい)を刺激します。
30〜60秒刺激したら、もう一方の手のこうけいも同じように刺激します。

香りは人間の感情に直接働きかける! アロマオイル(精油)を使ってリラックスする方法をご紹介!

アロマオイル(精油)

あなたはアロマオイル(精油)を利用したことはありますか?

ただの香りとあなどるなかれ。
実は大学などの専門機関で研究がされ、アロマオイル(精油)のさまざまな作用が確認されているのです。

香りは人間の感情や本能的な行動に直接作用していることがわかっています。

というのも、感情や本能をつかさどる「大脳辺縁系」と嗅覚は直接つながっていることが確認されているからなんです。
これは他の五感にはない、嗅覚の特徴で、香りの刺激は他の刺激よりも、私たちの脳や行動に及ぼす影響が大きいと考えられています。

そのため、ストレスなどからくる精神的な不調を改善するために香りを活用する方法は、今後の研究による発展が期待されています。

香りの刺激はほかの刺激と比較して、我々の脳や行動に及ぼす影響は非常に強いものであると予想される。
それゆえ、現代社会における疲労やストレスなど、身体と精神が結びついた不調を改善する方法を模索するには、今後も研究の余地があり、さらなる発展が期待される分野であると考えられる。

引用:Odorの多面的作用に対する生理心理学的視点からのアプローチ

研究によって、アロマオイル(精油)の成分が大脳辺縁系に達することが確認されています

実は大脳辺縁系には不安の発生源である扁桃体が含まれていて、香りによる刺激で不安を和らげることができることが研究によりわかってきました。

臨床研究によって、アロマオイル(精油)がうつ病、不安、認知障害、ストレス関連障害の治療に効果的であることが報告されています。

オススメは「真正ラベンダー精油」

ラベンダーの香りは、リラックスしたときに優位に働く副交感神経の活動を高めるものと考えられています。

これまでの研究でラベンダー精油には、イライラや興奮を抑える鎮静作用があり、気持ちを落ち着かせる効果があることが確認されています。

真正ラベンダー精油

真正ラベンダー精油の成分は主に次の2つです。


  • リナロール(38.7%)
  • 酢酸リナリル(37.2%)

リナロール、酢酸リナリルはともに、マウスを使った研究で鎮静効果(イライラや興奮を抑える効果)が確認されています。
ラベンダー精油そのものについても、マウスを使った研究で鎮静効果が確認されています。

また、ラベンダーの香りが自律神経へ与える影響が各種実験により報告されています。

人に対する実験では、血圧(平均血圧と最低血圧)が下がり、唾液アミラーゼ活性(ストレスがどのくらいかかっているかを計る指標)が低下しました。

血圧が下がり、唾液アミラーゼ活性が低下すると、人はリラックスした気分になり、副交感神経が優位に働きます。

他にも、ラベンダーの香りが脳波に与える影響も研究されています。
その結果、ラベンダーの香りの刺激によって、リラックス状態のときに発するα波が増加することが確認され、リラックス効果が高いことが確認されました。

このような研究結果から、ラベンダーの香りが体に及ぼす主な作用として、鎮静作用抗不安作用抗けいれん作用があることがわかっています。

アロマオイル(精油)の香りを楽しむ方法

不安を和らげるのに有効なことがわかった「真正ラベンダー精油」
ぜひとも日常の中で積極的に利用したいものです。

まずは、気軽にラベンダーの香りを楽しめる「芳香浴」に挑戦してみましょう。

芳香浴とは精油の香りを空間に広げて、その香りを楽しむことをいいます。
芳香浴にはいろいろな方法があります。

芳香浴の楽しみ方

その中でもアロマポットを使う方法が一般的で、キャンドルの火の熱を利用して、精油を揮発させて香りを広げるのが特長です(※火の取り扱いには十分注意しましょう)。

他には、火を使わずにアロマオイル(精油)の香りを楽しめるアロマランプや、ミストで香りを広げるアロマディフューザーもあります。

もっと手軽にアロマオイル(精油)の香りを楽しみたいときは?

専用の芳香器を使うのもいいけど、もっと手軽にはじめてみたいな・・・という方は、お湯を入れたマグカップにアロマオイル(精油)を数滴たらしてみましょう。
簡易なアロマディフューザーとして香りを楽しむことができます。

眠るときは、ティッシュやキッチンペーパーに数滴のアロマオイル(精油)をたらし、枕元に置けばラベンダーの香りに包まれて、リラックスした気持ちに浸ることができます。
また、アロマオイル(精油)を小皿などに直接2〜3滴垂らして置いておくだけでも香りが周辺に広がります。

好みに合わせていろんな方法でアロマの香りを楽しんでみましょう。

就寝3時間前の運動で、寝付きがよくなり、深い睡眠が得られる!

リラックスできる環境がととのったら、次は寝付きをよくして眠れないことへのストレスを軽くしていきましょう。

眠る前の運動について

運動は睡眠を促進するものと考えられていて、習慣的に運動を行うことで不眠が解消されやすくなることがわかっています。
そこで、健康な大学生・大学院生(7名を)対象に、眠る前の運動が睡眠にどのような影響を及ぼすのかが研究されました。


  1. 夕食の2時間後に、1時間の「運動」をし、その2時間後に就寝
    運動は「有酸素運動」と「筋トレ」の2種類で検証
  2. 夕食の2時間後に、1時間の「読書」をし、その2時間後に就寝

有酸素運動は中強度の自転車ペダリング運動、筋トレは胸、背中、腹、太もも、おしりの5部位(15回できるぐらいの重さ(負荷)に設定し15回×3セット)をトレーニングマシンを使って実施されました。

その結果、就寝前に運動をした場合、読書をして過ごした場合よりも、睡眠の中でも特に深い睡眠で、疲労回復に関係する睡眠とされる「徐波睡眠」状態の時間が増え、眠るまでに要する時間(入眠時間)が短縮したことが確認されました。

つまり、運動をした場合、寝付くまでの時間が短くなり、かつ睡眠の質も向上したのです。

眠気を感じるメカニズム

運動が睡眠に良い影響を及ぼしたのには、私たちが眠気を感じるメカニズムが深く関係しています。

眠気を感じる仕組みについて

私たちの体内には「睡眠物質」と呼ばれる物質が存在しています。
「睡眠物質」とは「眠気を引き起こし、睡眠を維持する」作用がある物質の総称で、メラトニンや成長ホルモンなど、十数種類が存在することが分かっています。

その中でも「メラトニン」は、眠る直前に分泌量が増え、メラトニンの増加により眠気が引き起こされます。
その中でもメラトニンは、眠る直前にその分泌量が増え、眠気を引き起こす働きがあります。

つまり眠気を引き起こすには、メラトニンの分泌量を増やす必要があるのです。

メラトニンの分泌量を増やすには?

メラトニンの分泌量には「セロトニン」という物質が関係しています。
実は「セロトニン」はメラトニンの分泌を促進する働きがあるのです。


  • 睡眠物質であるメラトニンの分泌量が増えることで眠気を引き起こす
  • セロトニンはメラトニンの分泌を促進する

では、セロトニンを増やすにはどうすればよいのでしょうか?

この点、自転車をこいだり、ジョギング、ウォーキングなど、単純な動きの繰り返しが続くリズム運動を行うとセロトニンが増えることがわかっています。

今回の研究においても、眠る前の運動の中でも有酸素運動(自転車ペダリング運動)が睡眠に良い影響を及ぼしたのは、眠る前の有酸素運動がセロトニンを増やし、増加したセロトニンが、睡眠物質であるメラトニンの分泌を促進した結果、メラトニンの分泌量が増えて、眠気が引き起こされたことが要因だと考えられています。

これとは対照的に、筋トレが睡眠を改善させた原因は、今回の研究結果からはまだ明らかにされていません。
ですが、睡眠を改善させた可能性として「成長ホルモン放出ホルモン」が関係しているのではないかと考えられています。

「成長ホルモン放出ホルモン」は、様々なホルモンの働きをコントロールしている下垂体に作用し、睡眠物質である「成長ホルモン」を分泌させます。
また「成長ホルモン放出ホルモン」自身も睡眠物質として、一般的に深い睡眠とされるノンレム睡眠を引き起こす作用もあります。

今回の研究では、トレーニングマシンによる筋トレによって「成長ホルモン放出ホルモン」の分泌が促進されるので、より深い睡眠が得られたのではないかと推測し、マシンによる筋トレも睡眠に良い影響を与えると結論づけています。

この結果を受けて、有酸素運動、筋トレのいずれの運動でも、不眠を改善するのに有効であることが確認されました。

健康づくりのための睡眠指針2014」においても、適度な運動を習慣づけることは、寝つきを良くし、中途覚醒(寝ついた後、何度も目が覚める現象)を減らすことにもつながりるとして、適度な運動をすることを推奨しています。

眠る前10分間のストレッチがストレスを軽減させる

有酸素運動や筋トレの2種類の運動が睡眠に良い影響を与えることをご紹介しましたが、実はストレッチ運動が私たちのストレスを軽減させるのに役立つことが別の研究により明らかになりました。

この研究では、睡眠障害を抱えている人を対象に、短時間(10分間)でできるストレッチをしてから消灯し、睡眠の状態を観察しました。
その結果、眠る前にストレッチ運動をすることで、睡眠にもともと備わっているストレス緩和作用がより大きくなることがわかりました。

眠る前のストレスが与える影響

研究ではストレスの度合いを客観的に把握するため、「Iga」という物質の分泌量を計測し、ストレスの度合いを検証する方法が採られました。

Igaは精神的ストレスと関係していて、ストレスを感じている状態だとIgaの分泌量が減ることがわかっています。

起床時のIgaの分泌量を計測したところ、ストレッチをしてから眠った場合、何もせずに眠った場合のどちらでも、睡眠前よりもIgaの分泌量が増加していました。

Igaの分泌量が増加しているということは、ストレスが緩和されていることを意味しています。
つまり、睡眠には一定のストレス緩和作用があるのです。

何もせずに眠ってもストレスが緩和されるのであれば、眠る前にわざわざストレッチをする必要なんて無いように感じられます。

ですが、今回の研究では、ストレッチ運動をした方がIgaの分泌量がより上がっていたのです。

つまり、ストレッチ運動によって睡眠によるストレス緩和作用がより大きく働く可能性が示唆されたのです。

(この内容は、以下のページを参考にさせていただきました)

また、別の研究では、睡眠前のストレッチ運動を3週間継続したところ、入眠までに要する時間が短くなる(=寝付きがよくなる)ことが確認されました。

時間があるとき、心と体に余裕があるときはウォーキングやランニング、サイクリング等の有酸素運動や筋トレができますが、忙しいときや疲れているときはそうもいきません。

そんなときはお布団に入る前の10分間だけでもいいので、手軽にできるストレッチ運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、体にかかる負荷が軽いストレッチ運動は、今まで運動する習慣がなかった方にオススメの運動です。急に激しい運動をすると逆効果なので、まずはストレッチから気軽に初めてみましょう!

不安や不眠の悩みに漢方を活用する選択肢も

不安で眠りにつけず不眠が続くようであれば、漢方薬を利用してみるのもよいでしょう。
「不眠に漢方?」「漢方薬で眠たくなるの?」という疑問をお持ちのあなた。
最近では不眠のタイプ別で、製薬会社からいろんな漢方薬が発売されているんですよ。

漢方薬の活用

漢方薬による不眠改善は、乱れたからだのバランスを整えて、自然な眠りを取り戻すのが目的。

確かに、今すぐに眠りたい、という要望にはこたえられないかもしれませんが、じっくりと根本的に不眠を解消して、眠りにつきやすいからだに整えていきたいとお考えであれば、生活の中に漢方薬を取り入れるもの良いかもしれません。

「病は気から」とよくいわれるように、ときとして心の状態は体に大きな影響を与えます。とくに、ストレスを感じやすい現代では、「のどに何かつまった感じがある」「眠れない」といった症状を訴える人が増えています。漢方薬は、こうした心と体のデリケートな変化にも細やかに対応し、ストレスによる不安神経症、神経質、不眠の症状などを改善していきます。

引用:漢方セラピー | クラシエ

不安や不眠に作用する漢方薬が市販されているので、自分の悩みにあわせて活用してみましょう。
漢方薬にあまり馴染みがないかもしれませんが、病院で漢方薬が処方されていたり、大学などの専門機関での漢方薬研究もされているんです。



下記サイトでは症状にあわせて、不眠のタイプ別に市販されている漢方薬を見つけることができます。
症状別に不眠タイプの診断もできるようになっているので、試しに自分の不眠タイプを確認するのも良いかもしれませんね。
漢方薬に興味がある方はぜひ確認してみましょう!

参考:漢方セラピー | クラシエ

※漢方薬は専門の医師や薬剤師の指示を守って、適切に服用するようにしましょう。


本日のおさらい

いかがでしたか?
今回は不安で眠れない夜を解消する方法をご紹介しました。

誰しもが不安や心配事から開放されたいと願っています。
不安におそわれて眠れないときは、この今回ご紹介したことを思い出していただけるとうれしいです!

不安で眠れない夜を過ごした経験のある人は、いろんな不安を抱えながら、それでも毎日を懸命にがんばっている人なんだと思います。
不安で眠れない夜がやってきても、まずは自分をいたわってあげてくださいね。
あなたの体をいたわってあげられるのは他の誰でもありません、あなた自身なんです。

今回ご紹介したことが、あなたが抱えている不安や不眠という問題が少しでも軽くなるきっかけになれば、これほどうれしいことはありません。

こうしてこのサイトを通じて出会えたのも何かのご縁です。
ぜひ、今回ご紹介した方法を、無理なくできるところだけでも、日々の生活に取り入れていただけたらと思います。

そして1日でも早く、その日の終わりに「ふぅあ~」っとあくびが出て「今日もいろいろあったけど、眠たくなってきたしそろそろ寝よーっと」と思える日があなたに訪れることを心から願っています。

少し長くなりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

»

なごみ整体院の人たち

永岡さくら

永岡 さくら
- Sakura Nagaoka(22)

753(なごみ)整体院で働く新人整体師。

おしゃべりが好きで施術が終わっても患者さんと話し込むこともしばしば。ただ、持ち前の明るさが功を奏し、周りからは愛されている存在。

キラキラした整体師になることを夢見ているが、キラキラする方法はまだ見つかっていない。

趣味は銭湯めぐり。


一ノ瀬かよ

一ノ瀬 かよ
- Kayo Ichinose(29)

753(なごみ)整体院の頼れる院長。さくらの指導役であり良き理解者。

地域の人々からもっともっと愛される整体院にすべく日々奮闘中。

いつも冷静沈着だが、可愛いものが大好きで特にウサギをモチーフにしたキャラクターを目にすると異常にテンションが上がる。

最近、アボカドをワサビ醤油でつまむのにハマっている。


黒猫

クロ・セバスチャン・デン
- Den(?)

753(なごみ)整体院の看板ねこ。

名前が長いので普段は「デンちゃん」と呼ばれている。


MAIN MENU

© 2018 整体院ネット All rights reserved.